RoteRose
このブログはTW2『シルバーレイン』のキャラクターマルメロ・リンヴィス(b40395)の活動日記です。興味の無い方・そういった類が苦手な方は回れ右でスルー推奨です。

プロフィール

マルメロ

Author:マルメロ
マルメロ・リンヴィス b40395
7月6日生まれのかに座 
早坂キャンパスキャンパス 高校3年9組
17歳 女
■「お父さま」と呼ぶフランケンシュタインと共に学園に来た花嫁
父を還した後は牙持つ愛し子「シン」と共に
■豪胆にして強欲 興に乗るかが全て
じゃじゃ馬通り越した暴れ馬
■「私はあなたを信じます」約束はいつまでも
■四つ葉の想いは同じ若草色の瞳の君へ 
赤薔薇の黒衣の花嫁は死者への手向けの花

リンクはご自由にどうぞ

メッセ:eternalconviction@live.jp
知り合いなら歓迎いたします。

この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、
株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
イラストの使用権は作品を発注したお客様に、著作権は景山黒兎に、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ(タブ)

ブログ内検索

RSSフィード

LINK

ブロとも申請フォーム

QRコード
QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



榠櫨
めいろ マルメロの漢名

漢字の方が綺麗ね。

この名も、もう似合わないかしら




「絶望した?」

って聞かれてもね・・・。

「絶望したなら、勝手に期待する方が悪いんでしょ?」


と、しか言いようがないわ

望みなんて、自分で叶えるものよ
願うのは自分では叶えれないから

そうね
勝手に期待して
絶望した自分に絶望した
・・・かしら


星に願いなんて、かけなければよかったわねぇ。
所詮は過去に散った数多の光
過去に過去を求めるとは、いかに愚かなこと

もう、帰ってはこない安らぎと幸せだったあの頃

お父さま

友達
場所
信頼

捨てたのは自分の手で
自分の意思で

後悔することも馬鹿馬鹿しい。

そ、全部そういうこと。

でも

我が君

貴女と共にと享受してくれた誓い
貴女がくれたわたしの唯一の最後の存在理由

それでも傍にいてくれる愛しい人

これだけあれば
十分すぎるほど満たされる










スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://roterose00.blog116.fc2.com/tb.php/29-063b7101
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。